カードローン審査で在籍確認の際、不在でも大丈夫?
カードローン審査で不安の一つに在籍確認の電話があります。

いつもオフィスにいる人であればいいのですが、営業の人でオフィスにいることが少ない人の場合、職場に在籍確認の電話をしてもつながりません。どうすればいいのでしょうか??
大手消費者金融のカードローンは無人機店舗での申込が可能です。
この際、平日の就業時間中にちょっと時間の合間を見て無人機店舗でカードローンの申込をしようとする人もいるでしょう。
この場合、在籍確認の電話を職場で受けることはできません。
しかし、消費者金融の担当者は無人機店舗に申込者がいるのを承知の上で職場に電話をします。当然、職場では「その人は現在外出していていません」という回答をするでしょう。

 

これでは在籍確認にならないのではないかと思われるかもしれませんが、これで十分なのです。申込者が確かに職場に在籍しているという事実は「外出していません」という回答だけで十分なのです。

 

もちろん申込者が職場にいて、電話で話をできればいいのですが、そのようなことが必ずしもできるとき限りません。
最近は大手消費者金融のプロミスのように、職場への在籍確認の電話を省略してくれる申込方法を準備してくれることもあります。しかし、審査によっては職場への在籍確認が必要だと判断される場合があります。

 

同じ会社に長期間務めている人であれば、安心して健康保険証などを確認するだけで在籍確認の電話を省略できます。しかし、入退社を繰り返している人の場合は在籍確認を書面だけでするのは不安が残ります。このような場合は在籍確認の電話が必要になるケースが多いです。

 

しかし、在籍確認の電話を必ずしも自分が受ける必要がないことは覚えておくといいでしょう。