消費者金融での在籍確認、派遣社員の場合は電話は派遣元?

 
プロミスでの在籍確認の電話審査は派遣社員の場合では電話確認はどこにかかってくるのでしょうか?
派遣社員の方は、派遣元の派遣会社の社員でありながら、実際に働いているのは派遣会社から指示された現場です。そのためいつも「出張」していることになります。消費者金融の在籍確認の電話を受けるという観点からすると、面倒になりそうです。
この場合、在籍確認の電話は勤務先である派遣元の会社にすることになります。しかし、派遣元の会社にその人がいるはずはなく、間違いなく「不在です」という回答になります。

消費者金融では最近在籍確認の電話を省略することが増えてきました。しかし、消費者金融側の判断で省略できないこともあります。派遣社員の方は、勤続年数が短かったりして省略してくれないことが多いようです。

 

ただ、消費者金融は不在だろうが別の現場に行っていようが、在籍している事実を確認したいのです。
消費者金融の在籍確認の目的は、申込者が本当に会社で働いているかを確認することにあります。無担保融資である消費者金融のカードローンは、その返済原資が給与収入以外にありません。そのため。働いているかどうかの確認は必須なのです。

 

ただし、派遣社員の方のすべてが在籍確認の電話を必要としているわけではありません。同じ派遣会社に何年も勤め続け、かつある程度の収入もあれば信用力が高いと言えます。このことは信用情報機関のデータ照会でわかります。

 

それであれば、わざわざ不在であることがわかっている派遣会社に電話確認をする必要はありません。相手からリクエストがなければ別ですが、もし在籍確認の電話を省略して欲しいと要望があれば省略は可能です。

 

派遣社員の方に対する在籍確認の電話は、派遣元の会社にすることになります。しかし、電話をしても「不在です」ということになります。とはいえ、それだけでも在籍確認の目的は達せられるのです。