プロミスの在籍確認での審査後に否決される場合ってあるの?

 
プロミスの重要な審査のひとつ、在籍確認ですがその後に否決される場合ってあるのでしょうか?
プロミスに限りませんが、在籍確認の電話をするタイミングは、他の審査がすべて終了してからです。そのため、在籍確認の電話があった時点で審査に通ったと考えていいでしょう。

ただし、在籍確認をする理由は、本当にその会社に勤めているかどうかの確認ですから、確認が取れなければ否決される可能性があります。現実に会社に電話したものの、会社に電話がつながらなかったり、そのような人はいませんと言われることがあります。

 

これはただ単に申込書の記載時に入力間違いをしていたり、会社の担当者が間違えて答えてしまったりするために起こることです。このような場合、たいてい再度申込者に連絡をして再確認します。単なる記載誤り等であればすぐに解決します。

 

在籍確認の電話を甘く見ている人も多いようですが、プロミスのような無担保のカードローンは給与だけが返済原資です。そのため、職場に在籍しているか否かは非常に大切なのです

 

しかし、たまに退職直後にプロミスに申込をするケースがあります。

せめて在職中に申込をしてくれれば問題なかったのでしょうが、源泉徴収票などもあるから問題ないだろうと判断したようです。しかし、実際に電話をすると「1ヶ月ほど前にやめました」という回答が返ってくるわけです。

 

プロミスに限りませんが、消費者金融は申込書の虚偽記載に非常に敏感です。虚偽記載をする人は信用できないと判断しているのですが、例えば他社借入があるのに借入先なしと書くだけで心象を落とします。まして、勤務先の虚偽記載は言語道断だと判断されるのです。

 

そのため、コンピューター審査でOKが出たとしても、最後の在籍確認の電話で落とされてしまうことになるのです。こんな事例は確かに多くありませんが、在籍確認の電話がいかに重要かを表しています。