プロミスでの在籍確認、上手なごまかし方と言い訳は?

初めてのカードローン審査、その中でも特に会社への在籍確認の電話はとっても不安ではないでしょうか。

カードローンの審査で必ず行われる在籍確認ですが、職場に電話をかけることで、在籍しているかどうかを確かめます。

しかし、必ずしも電話対応がスムーズに行われるとは限りません。

職場の雰囲気もそれぞれ違うでしょうし、上司や同僚などとの人間関係もあって、怪しげな外部からの電話はなるべく避けたいものです。

特に最近では、個人のプライバシーや、企業のセキュリティーの観点から、簡単に


●在籍確認を行う際、
① 個人名で電話はかかって来るけど、個人名だと私用電話と思われそう

② 職場が忙しい時間にかかって来ると目立ちそう

③ 上司や同僚に怒られそう

といった懸念事項は、誰しも持ち合わせますので、上手にごまかしたり、言い訳したりする事が大切です。

職場での在籍確認の上手なごまかし方、言い訳について解説します。

・一番上手な言い訳、ごまかし方としては

王道の「クレジットカードを作った」がいいでしょう。

下手に「大学時代の知人で緊急の連絡だった」とかのごまかし、言い訳をいうと逆効果です。

携帯電話やLINEなどの通信手段がある現在で、なんで職場に知人から電話がかかって来るのでしょうか、おかしいと思わない人はいないでしょう。

変なごまかしをして聞いてもないことを言うと、カードローンでお金を借りたのだなと気が付かれてしまいます。

そこで、「クレジットカード会社からだった」というごまかし方をしましょう。

カードローンと同じくクレジットカード会社も在籍確認は行いますし、個人名で電話をかけてきます。

クレジットカードなら誰でも作りますので、変には思われません。

・クレジットカード以外を理由にするなら

住宅ローンや医療、車、学資ローンなどの審査の電話がくる、なども有効でしょう。環境に応じて利用するといいかもしれません。

・堂々としているのが一番

在籍確認の電話が掛かってきたので、慌てて聞かれてもいないのに言い訳をする必要はありません。

誰かに聞かれた時だけ、「クレジットカードを作ったので、所属しているかの確認でした」と言いましょう。

オドオドしていると、変な人だと思われるだけです。

● 在籍確認の電話のタイミングは自分で指定可能だから言い訳するのもカンタン?!

煩わしい上司や詮索好きな同僚などが外出している際に在籍確認の電話をかけてもらう、なんてことも可能となっていますので、

自分が負担にならないタイミングで上手に言い訳できる時間帯を選ぶと更に安心ですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ