カードローン審査落ち、否決の理由は公開されないってホント?

カードローンの審査落ち、否決の理由って公開されないと聞いたことはありませんか?

カードローンの審査落ちで否決の理由が公開されない点について解説します。

・否決の理由は1つではないから

カードローンの審査はスコアリング審査で行います。

スコアリング審査は、年収、借入先件数、雇用形態、勤続年数等、様々な角度から審査を行いますので、審査落ちの理由は1つにはなりません。

全部ダメですとも言いませんが、何が理由で落ちましたと言いにくいのがカードローンの審査です。

・否決の理由を直してもう一度受けて来られると困るから

例えば『勤続年数が足りません』と言われた人が、勤続年数が長くなったので再チャレンジしてきたらどうなるでしょうか。

カードローンは金融庁の検査を定期的に受けています。

金融庁検査で一度審査に落とした人を通過させると、それに足る説明を求められます。

つまり一度審査に落としたのだから、再度審査に落としておいた方がカードローン会社側としては面倒が無いのです。

一方で最初に勤続年数が足らないと言って断わった顧客とはトラブルが予想されます。

・そもそも電話してくる人は否決の理由なんてわからない

電話してくる人は審査部門とは別の部門です。

審査部門は電話してくる人に、いちいち否決の理由は伝えません。

つまり、最初から否決の理由なんてわからないので、正確な情報は伝えられないのです。

カードローンが否決された時は、理由なんて聞かずに他のところに申し込みましょう。

否決の理由を聞いて対策をとるより、他のところに申し込んだ方が早いです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ