プロミスで在籍確認が免除されるケースは?免除されるコツはある?

在籍確認の審査は必須であり、建前上では免除されるケースはないとされていますが、実は、プロミスでは実際には在籍確認の電話が免除されるケースがあります。

では実際に在籍確認が免除された人はどんな人なのか記載していきます。

  1. 勤続年数が長い
  2. 過去のカードローンやキャッシング履歴がない、または返済の遅延などがなく優秀
  3. 公務員
  4. 大手企業勤務で年収が高い

等に該当する人が多いようです。

当然といえば当然かもしれませんね。

これらの人であればわざわざ職場に在籍確認の電話をするまでもなく在籍確認なしでカードローン審査が完了することがあります。

もちろん殆どの方が在籍確認は必須となっているので、公では「在籍確認なしはありえない」とされています。

更には

必ずしも在籍確認は電話で行うと定められているわけでは無いので、

  1. 健康保険証に記載された会社名で在籍確認の代わりとできる場合がある
  2. 信用情報機関に記載された情報で在籍確認をしてくれる場合がある

といった事を業者によっては行うことが可能なのです。

在籍確認の電話を免除されるケースとコツについて解説します。

・健康保険証で在籍確認する

企業が発行している健康保険証は、会社名が記載されているので、その企業に所属しているとみなす事が出来る場合があります。

消費者金融によっては、在籍確認の電話を行わず、健康保険証の提出と給与明細の提出で行えるサービスを提供している所もありますが、多くの場合は、在籍確認以外の審査内容が一定の基準を満たしているという条件付きになります。

まず最初に、消費者金融の担当者に相談することで、在籍確認の電話連絡を回避希望の意図を伝えることが大事です。

在籍確認の電話を行わないサービスを探す事も、在籍確認が免除されるコツです。

・信用情報機関の情報で確認してもらう

信用情報機関にはクレジットカードやキャッシングカードを作った時に申請した情報が載っています。

当然、会社名やいつ頃から勤務しているのかという勤続年数がわかる情報も載っているのです。

正社員で勤続年数が長く、安定的な収入を持っている人は電話でわざわざ在籍確認しなくても、信用情報機関の情報で在籍確認をしてくれる事があります。

自身の信用力を高める事が、在籍確認を免除されるコツです。

在籍確認は企業によって違いますが、上手くすれば免除される事があります。

在籍確認の電話を、他の方法で行ってくれないかお願いしてみてもいいでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ