プロミスの在籍確認は総量規制にどう関係してくる?

・消費者金融の審査で重要なのは何だと思いますか?

実は、プロミスなどの消費者金融のカードローン審査で重要なのは、在籍確認と総量規制です。

この2つは、

① 在籍確認は会社に所属しているかを確認する作業

② 総量規制は信用情報機関をチェックし、年収の3分の1以上の貸付に抵触していないかのチェックになります。

どちらも重要ですが、この2つは目的が違うので無関係になります。

在籍確認と総量規制について解説します。

・在籍確認とは

在籍確認とは、企業や団体に所属しているかを確認する作業を言います。

消費者金融の利用条件として、現在働いていて毎月の安定し収入があるかどうかを確かめる審査として在籍確認があります。

主に電話で勤務先に直接連絡を取り、電話対応の状況を見て、申込みされたお客様が間違いなく所属している会社かどうかを判断します。

申し込みの際に嘘をついていないか、反社会的勢力の一員ではないかを判断する事を主目的としており、それ以外の「勤務態度」や「年収」「勤続年数」などを確認するものとは違います。

・総量規制とは

総量規制は国が決めた、『年収の3分の1以上の貸付を消費者金融・クレジット会社等の貸金業貸が行う事を禁じる法律』です。

ひとつの金融業者から、または複数の金融業者からの総額でも、消費者金融で借入可能な上限は年収の3分の1までとなります。

すでに他の金融会社からいくら借りている場合があれば、その情報も信用情報機関に記録されています。

貸金業者各社は総量規制に抵触していないチェックするので、ウソの情報を申告しても審査の最後にばれます。

また、銀行での借り入れや高額ローンなどは総量規制の対象外になります。

・もし在籍確認後に落とされたなら

在籍確認が総量規制と関係しているのではないのかと感じるのであれば、在籍確認後に審査落ちになったのではないでしょうか。

審査落ちの理由は在籍確認が関係しているのではなく、

① 信用情報機関に延滞などの情報がある

② 申し込みの際に嘘をついていて、総量規制オーバーだった

③ 在籍確認の結果、怪しい人物と思われた

と言った原因です。

心当たりがないか、思い起こしてみましょう。

在籍確認と総量規制は直接的な関係性はありません。

在籍確認後に落とされたのであれば、信用情報機関のチェックを行ってみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ